〈回復志向〉でどんな初心者にも寄り添えるホームページヘルパー、新部則子さん

ストレングスファインダー®のコーチングを受けた方へのインタビュー。今回は、主婦として家事をこなす傍ら、ウェブの仕事を自宅で兼業している新部則子さん(にべさん)です。

新部さんと、WordPressの教本ちょさのみなさま

一時的に休職を余儀なくされたものの、ウェブ関連のセミナーやイベントに参加したり、私(小杉)の主催するホームページの管理システム「WordPress」の無料勉強会に参加して、初心者の方へわかりやすく教えてくれる常連さんだったりもします。すんごく助かっています。

そして、今年からはご自身のペースで仕事を請けると決めたにべさん。そんな彼女のTOP5は、慎重さ・戦略性・運命思考・回復志向・公平性でした。

特に〈慎重さ〉は、じっくりとモノゴトを考える時間が必要な資質でもあるので、技術の進歩も速く、情報量も多く、毎日がめまぐるしく変わっていくようなウェブ業界の中では異質とも言える資質です。だからこそ、にべさんならではのポジションがありました。

大好きなゲームの話とともに進められた、ストレングスインタビュー。似たような悩みを抱えている方は、ぜひ参考になさってください。

“「占いの業務版」って感じがしました”

コスギ

にべさんは、すでにストレングスファインダー® を10年くらい前にご存知だったんですよね。

にべさん

はい、専門学校時代に一緒だったクラス長が、ストレングスコーチとして活動しているのを知っていたので。企業にストレングスファインダーを導入する活動をしているのを見て、うちの会社もやったら良いのになあと、興味はあったんです。
長岡で小杉さんがストレングスファインダーをやり始めたのを知ってから、本を買ってみようと思いました。数ヶ月前の話ですね。

コスギ

実際にやってみて、どうでしたか?

にべさん

なんていうか、「占いの業務版」って感じがしました。統計的に自分をあぶり出してもらえるのが、カラー診断や個性心理学といった他の分析系のものより詳しい感じで。

コスギ

占いの業務版ってオモシロイ表現ですね!
まあ設問が177問もありますしね……ひとつの設問に20秒の時間制限があるんですが、全部答えられました?

にべさん

確かに、時間制限はヒヤヒヤしましたね。説明をじっくり読まないと頭に入ってこないうえ、日本語訳?もよくわからないこともあったので、時々意識が飛びました(笑)
4〜5問くらい飛ばしたかも……

コスギ

特に〈慎重さ〉がTOPにある方は、すべての設問に回答しきれないこともあるんですって。中には再度受け直しを勧められたり、半分くらい回答できなかったという方もいらっしゃるようです。結果が出ているということは、ちゃんと答えられてるってことですよ。5つの資質は腑に落ちました?

にべさん

そう……ですね、自分の中では納得できています。
コーチングは、いつもの小杉さんとお話している時と変わらないなって感じでした(笑)
ただ資質の詳細をちゃんと読み込めてないので、腑に落ちるまでには至っていないんですよね。占いのように信じる信じないではなく、自分の可能性としての資質を深めるために、ちゃんと読もうって思いました。

コスギ

勉強会で相談受けてるときと、あまり変わらないですよね(笑)
資質を深めるならぜひ、強みのインサイト(洞察)を読んで、引っかかった語句や文言に線を引いたり、他者から認めてもらいたいと思う才能をチェックしてみてください。

にべさん

この時間が終わったら、読んでみます。
……ちょっと、ゲームの話してもいいですか?

コスギ

もちろん!

にべさん

色々な自己診断テストがある中で一番気に入っているのが、ゲームのジョブ診断みたいなものなんですが、そこで出た結果が「ナイト」だったんです。ガッチガチに鎧を着込むのでスピードは遅いんですが、防御力も攻撃力も高めで、回復魔法も使えて。
その結果がすごく腑に落ちていたんですが、今回のストレングスファインダーの結果も似たような感じで、うれしかったですね。

コスギ

なるほど、〈慎重さ〉×〈回復志向〉は、まさにナイト(騎士)のイメージにぴったりですね!この2つの資質に関して、何かエピソードがあれば聞かせてもらえますか?

“困っている人がいたら、助けたい。自分のできる範囲で、ですが。”(回復志向×慎重さ×戦略性)

回復志向™ とは

〈回復志向〉の資質が高い人は、問題を解決するのが大好きです。どこに問題があるのかを探りあて、それを解決することに長けています。

クリフトンストレングスの資質〈回復志向〉 | JA – ギャラップ
〈回復志向〉の資質が高い人の特徴

トラブルが好きなのではなく、トラブルを見つけて解決策を見出し、挑戦することが大好きな才能です。アウトプットはネガティブに聞こえがちですが、「直せば元気になる」というスタンスなので、対象の正常性を前提にしています。にべさんは勉強会に参加すると、困っている相手がどんな人や状況であれ、原因を一緒に突き止めようと親身に対応してくれます。

にべさん

それこそ、ゲーム内で「白魔道士(他のプレイヤーを魔法で回復する役目)」として遊んでいたこともあったので、この〈回復志向〉って資質の名前を見た時、なんかいいなって思いました。
実際、問題解決は大好きです。困っている人がいたら、助けたい。自分のできる範囲で、ですが。問題が大きすぎたら、すぐ人に頼りますね。

たとえば、アンパンマンって、お腹が空いて困っている人を見ると、自分の顔を差し出すじゃないですか。時々あげすぎて自滅することもありますが。私も同じように顔をちぎってあげるけれど、自滅する前にジャムおじさんや食パンマンたちに助けを求めるみたいなイメージですね。

コスギ

〈回復志向〉の資質持ちは、アンパンマンネタで盛り上がりそう(笑)

問題を発見して、大きさを把握して、自分ではムリだと思った時にすぐに人に頼れるのは〈慎重さ〉×〈戦略性〉のなせる技だと思うんですよ。
〈慎重さ〉はリスクがわかる資質なので、リスクヘッジを〈戦略性〉がわかる、つまり、人に頼るとかツールを使うとかの判断ができるんです。すごいダイナミクス!

にべさん

自分ではイマイチ、この〈戦略性〉って腑に落ちていないんですけど……なんだかカッコ良すぎるので、資質の名称から勝手に勘違いしているかもしれません。

コスギ

〈戦略性〉は可能性がわかる資質ですが、にべさんの場合、「よし、こうしよう」と割り切って判断する際に使えている感じがします。
ゲームで言うと、ナイトが守っているだけじゃなくて、ここぞというときにはズバッと攻撃するのに似ているかもしれませんね。

にべさん

なるほど……昔よりも〈慎重さ〉がなくなっている気がしていたんですが、1位に来ていたのは、フリーになろうというタイミングで、自分の不安が表れたのかもしれません。

コスギ

にべさんは、ご自身を客観的に判断していますよね。それも〈慎重さ〉によってご自身のリスクをわかっているからなんでしょうか。

にべさん

そうですね……自分の資質は納得しているし好きなので、趣味や遊びではすごく活かせるんですが、仕事に持ち込むとうまくいかないんです。
仕事は楽しいものって感覚でやっていたんですが、私の楽しいという感覚は、まわりから見れば遊んでいるようにしか見えないみたいで。

コスギ

そんなことがあったんですね。

にべさん

作業のビフォーアフターを楽しんでいるのを咎められたり、一発で通ると自分では思って仕上げたものに忠告されたり、ワクワクするアイディアを人と共有している時に出る表情で遊んでいると思われたり……だから、組織の中にいるより、フリーになったほうがいいんだろうなと思うようになって。

コスギ

〈慎重さ〉でリスクヘッジして〈戦略性〉で決めているところを無下にされるのは、なかなかツライ経験でしたね。それでフリーの道を決意して行動しているのはステキですよ。

にべさん

今は、「私はこれこれこうなので」と説明して、納得してもらったうえで仕事するようになりました。これは〈慎重さ〉で自分のリスクを把握して、〈戦略性〉でトラブルを回避していると思っていいですか?

コスギ

まさにです!
〈回復志向〉で課題を見つけて、〈慎重さ〉でリスクを発見できて、〈戦略性〉でどうすればいいかも把握できる。なにこれスゴイ(笑)

にべさん

あんまり自覚ないし、評価もされたことないんですけど……

コスギ

〈回復志向〉は問題が見えるので、ネガティブに思われがちなんですよね。〈最上志向〉と違って、「良くしたい」より「元に戻したい」という欲求の強い資質ですし。

にべさん

あー!!
「元に戻したい」という感覚、すごくわかります。ただ原状回復だけで、「良くする」という前向きな感覚になれず、先が見えないのがツラかったです。

コスギ

にべさんのように、「損をしない資質」を持っている人がリスクヘッジして、〈最上志向〉のように上を目指す人がチームになっていると相乗効果が生まれますね。
だからこそ、企業や団体でストレングスファインダーを導入できると、最高なんですよねえ……。
他の2つの資質についても伺っていいですか?

“一定のルールをつくってモノゴトを繰り返すのは得意”(慎重さ×公平性)

公平性® とは

〈公平性〉の資質が高い人は、あらゆる人を平等に扱う必要性を確信しています。明確なルールを定め、それに従うことで、世界のすべての人を公平に扱おうとします。

クリフトンストレングスの資質〈公平性〉 | JA – ギャラップ
お弁当の中にいたら安心する、梅干しのような存在になりたいというにべさん
にべさん

そうですね、昔から、誰にでも別け隔てなくという感覚は強い方だと思います。上下関係も好きではないですし、色んな意見があるけどそれぞれだよねって思いますし。
さっきのアンパンマンのたとえで言えば、ドキンちゃんやバイキンマンも敵という感覚はないかもしれません。お互いの言い分があるよね、って。

コスギ

おお……あまり動じないところは〈運命思考〉もありそうですね。

にべさん

あまり、自分はこう思うっていうのも強調しないです。そうすることで世界はうまくまわるということを、昨今の某ドラマで再確認したんですよ……!(握りこぶし)

コスギ

なるほど(笑)
先ほど話していたゲームとかでは、何か特徴的な遊び方してませんでした?

にべさん

そうですね、素材を集めてひたすら何かを黙々とつくるのが大好きでした。たとえば、「寿司」を握る(つくる)ためには「お米」と「酢」と「魚」が必要で、ゲーム内でそれを調達する必要があるんです。
釣りをして魚を釣って、米や酢は買って、調理のスキルが上がればハイスペックな寿司が握れるので、それを高価で売ることができるなあと考えたりして。パーティーを組んでレベル上げするときもありますが、基本的には1人で黙々とやっていますね。効率のいいレベル上げをできないタイプなんです。

コスギ

いつまでもやっている印象があります(笑)

にべさん

そうですね、終わりの時間を決めるか、成果物の目標達成まではずっとやってますね。

コスギ

ということは、仕事でもルーチンワークのほうが得意では?
しっかり準備してモノゴトを進められるようになれば、次の目標を考えることもできそうですし。

にべさん

そう!
考えながら新しいことをやるのは苦手なんですが、最初にやり方さえわかれば、それを繰り返すことは全然苦にならないんです。一定のルールをつくってモノゴトを繰り返すのは得意だと思います。

コスギ

まさに〈公平性〉の資質ですね!一貫して安定したルールがあると、一定の品質を保った状態を再現できる才能なんですよね。
私はルールに縛られるのが苦手ですし、気分屋なので飽きちゃって、本当にできないんです。スゴイ!

にべさん

最初は結構、いろいろなことが気になっちゃうんですけど……アレやっとかなきゃとか、コレやっとかなきゃとか。その準備さえできていれば、あとは割とスムーズだとは思っています。

コスギ

〈慎重さ〉と〈回復志向〉で未然にトラブル回避ができていて、一定の成果を何度も出せるって、結構スゴイことだと思いますよ。
フリーランスとして仕事していくのにも活かせそうですね。

にべさん

そうですね……勉強会とかでサポートするのは大好きですし、困ったことを相談されるとワクワクしますし……イイカンジでルーチンワークができたらなって思っています。
ウェブ業界ってまだまだ雑用が多いと思いますから、そういう地味にメンドクサイと言われる部分を請けていきたいですね。

コスギ

ウェブマーケティングを自動化するにも、例外を想定しつつ一定のフローが固まらないことにはできませんから、ニーズはかなり多いと思うんです。〈公平性〉の資質は、仕組み化できる才能でもあるので、ぜひ磨いていただきたいと思います。楽しみですね!

にべさん

あとは数字が苦手なのをなんとかしないと……ちょっと行政のサービスで相談しながら、事業計画書がんばってみます。

コスギ

そうですね、まわりの協力を仰げるのも、にべさんの才能ですから!

実行力系の資質が高い人は、実行前提で動く人

ストレングスファインダー®のテストを受けたあとの資質を見て、「この色、なんだろう……?」って思いませんでしたか?

34の資質は赤、青、黄、紫の4色として、それぞれ「思考力」、「人間関係力」、「影響力」、「実行力」の4つの領域に分かれています。

たとえば、にべさんのTOP5にある〈慎重さ〉〈回復志向〉〈公平性〉はすべて実行力の領域です。これらは達成を前提にした資質で、「ひとりでも着実に最後まで成し遂げる」ことができる才能です。

始めることが得意な「活発性」の資質から見ると、行動するまでが遅いように感じることもありますが、始める前の準備として、リスクを発見したり、課題を見つけたり、ルールを整えたりできるので、継続性を支えてくれる才能なんです。

もちろん、その方法は他の資質とのダイナミクスによって人それぞれですし、実行力系の資質が低いからといって成し遂げることができないわけではありません。明確に色分けはされているものの「実行力に近い人間関係力」などの資質もありますし。

気になる方は、ぜひコーチングを受けてみてくださいね。

ストレングスコーチングのご依頼

効率的なパフォーマンスアップに特化したコーチングをご希望の方は、SNSやお問い合わせフォームよりお声がけください。

この記事を書いた人

小杉 聖

1978年、新潟県南魚沼市生まれ、長岡市在住。旦那と息子と娘ラブな同居嫁。
“ビジネスは人と人とのコミュニケーション”をミッションに、ウェブ活用を行ってきたものの、それらを扱う「人」に興味を持ち、カウンセリングやコーチングを行うように。心理学に基づいたコミュニケーション分析によるパフォーマンスアップに注力しています。長所を伸ばすコーチングのご相談はお気軽に。
- 米国ギャラップ社認定ストレングスコーチ
- 交流分析士(コミュニケーション心理学の理論)
- Points of You® トレーナー
- ウェブ解析士マスター(ウェブ解析士アワードにて4年連続受賞)